GitLab CI AWS Elastic Beanstalkとの連携

GitLab CiからAWS Elastic Beanstalk へ更新をかけてみた。

 

ソース直下に

.elasticbeanstalk

フォルダを追加し、config.ymlを作成

内容は公式ドキュメント参照

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/elasticbeanstalk/latest/dg/environment-configuration-methods-before.html

 

続いて、GitLabCIからAWSにアクセスできるように、ソース直下に

.eb-config.sh

ファイルを追加

内容は

--

#!/usr/bin/env bash
set -x
set -e

{
AWS_CONFIG_FILE=~/.aws/config

mkdir ~/.aws
touch $AWS_CONFIG_FILE
chmod 600 $AWS_CONFIG_FILE

echo "[profile bw_package]" >> $AWS_CONFIG_FILE
echo "aws_access_key_id=${AWS_ACCESS_KEY_ID}" >> $AWS_CONFIG_FILE
echo "aws_secret_access_key=${AWS_SECRET_ACCESS_KEY}" >> $AWS_CONFIG_FILE
} &> /dev/null

--

こんな感じで、GitLab CIの環境変数にIAMのアクセスキーとシークレットアクセスキーを設定しておく。

 

後は.gitlab-ci.ymlの設定

今回は下記のような感じにしてみている。

-- 

stages:
- test
- deploy

test:
image: node:latest
stage: test
script:
- npm install
 - npm run build

deploy_aws:
stage: deploy
image: python:3.6-stretch
before_script:
- pip install awsebcli --upgrade --user
- git checkout master
- chmod +x .eb-config.sh
- ./.eb-config.sh
- export PATH=~/.local/bin:$PATH
- eb --version
script:
- eb deploy

--

 

後は便利なところとして、.ebextensions

を同じくソース直下にフォルダ作成して、色々設定してあげるとenv設定とか、ロードバランサー設定とか、様々な設定系が管理できる。

万が一アプリケーション削除などを行ってしまっても、時間経過以外は問題がなくなる。

 

次はLambdaへの試してみた感じを書きます!

 

※様々な記事を参考にさせていただき、ここにたどり着きました。