t1.micro サーバのお話

AWS EC2インスタンス

t1.micro

に対してメンテナンスが入ると通知があった

 

Amazon Web Services is performing a refresh on all Amazon EC2 T1.micro instances. The instance refresh will offer higher host reliability, better CPU performance and match the CPU burst experience of T1.micro instances to be consistent with T2 instances.

 」

t2インスタンス並みにCPUパフォーマンスがあがるよーと。

Starting February 1, 2019, you can stop and restart your Amazon EC2 T1.micro instances to take advantage of the instance refresh. After March 1, 2019, Amazon EC2 T1.micro instances that have not been stopped, will be scheduled for maintenance.

 」

3/1までに停止 → 開始をすることで反映されて、3/1までにやってないインスタンスは強制再起動されるよーと。

 

CPUパフォーマンスが向上するのは良いことなので、先にやってしまおうと。

結構古くから使ってるインスタンスで、社内ツールが配置されているもので対象が3台あった。

社内に通達して、停止 →  開始を3台行う、

内2台は確かにCPUの使用率は格段に下がった!!

ラッキー!

 

けど、うち1台は変わらず。。。

とりあえずAWSサポートに連絡してみると、その子はまだメンテナンス対象になってるよ、反映されてないよと言われる。

→もう一回停止 → 開始やってみる。CPUの向上は見受けられない。。

再度連絡してみる

→まだメンテナンス対象だよー、と。

 

やってるのに。。

もしこのまま対象から外れなかったら3/1 強制再起動??

手動で反映されないなら強制でも反映されなくない??

したら何回も再起動されまくるでしょ??

って連絡してみたら現状は不明ときた。

 

ってことでもうt2インスタンスに入れ替えを行なった。

というお話。

 

いつかはt1 → t2にしといた方がよかったので良いタイミングではあったが、

たまたま社内用で助かった。

 

反省点

・忙しさを理由にギリギリまで放置してた

・もっと早くやってれば計画性を持って入れ替えを行えた

・社内AWS管理が個人依存になっている

 

以上!