SaaS・サブスクサービス開発が増えています

Photo by Tai's Captures on Unsplash 今、SaaS・サブスクサービス開発が増えています。 背景はほとんど言い尽くされていると思いますが、システム開発側の観点を書いておきたいと思います。 ①新型コロナウィルスによる働き方への影響 新型コロナウィルスに…

Pythonで江戸パワポ作成

江戸の古地図 夜な夜な江戸の古地図をながめるのが最近の和みです。 ふと、古地図で移転前の弊社オフィス(@恵比寿)周辺を眺めていると、ドラマの撮影でよく使われる「タコ公園」前を流れる渋谷川は、当時も同じように流れていました。 渋谷川を調べてみる…

行き先掲示板IoT化計画(仮)

こんにちは大澤です. こちらの記事(クラスタリング勉強会 - Briswell Tech Blog)でAI勉強会を実施した大澤です. 特技はマジック(クロースアップ) 好きなものは紅茶とチョコレート(チョコレートスペシャリストの資格保有) 苦手なものは犬・猫 最近の趣味は…

システム開発プロジェクト成功の秘訣 ー 提案編 ー

東京は梅雨入りしてジメジメしてますが、いかがお過ごしでしょうか? 新型コロナの感染者もまだまだ収束していないため、ブリスウェルではリモートワークを継続しているメンバーも多いです。 さて、今日はシステム開発プロジェクト成功の秘訣と題して、書か…

音声データのノイズ除去

時間や場所にとらわれずに柔軟な働き方を実現する「Web会議」。すっかり身近になりましたね。 Web会議は、必要な時にその場ですぐに会議を開催することができるので、情報共有や意思決定を迅速に行うことができます。日程調整もしやすいので、参加者の予定を…

Elastic Beanstalk config ファイルでどハマりしたお話

AWS

お疲れ様です。 みなさまいかがお過ごしでしょうか。 コロナウィルスにより、大変な世の中になってしまい、今後どうなっていくのか不安に思っています。 弊社は2月末よりテレワークとなりました。 一部は出社している日もあるようですが、基本的にはもうみん…

Python × Selenium で自動化

元素周期表の覚え方「水兵リーベ僕の船...」懐かしいですね。 その元素記号の34番目は「Se」(Selenium)です。 一方、ITにおけるSeleniumは Webページにアクセスしてログイン 対象データを検索 必要な情報を入力して登録 というような、普段Webブラウザで行…

キュウリ収穫量の可視化

キュウリを植えたらキュウリと別の物ができると思うな。人は自分の植えたものを収穫するのである。 二宮尊徳(金次郎) 変わらなければ生き残れない ドラスティックに何かを変えなければ... そんな危機感が日々日々強くなっていきます。 ただやはりキュウリ…

AIと芸術

ついつい最新ニュースが気になってしまう今日この頃。外出自粛ムードの三連休、皆さんいかがお過ごしでしょうか。 運動不足解消のため、僕はご当地版ラジオ体操で毎回笑いながら体操してます。世間では、あの爆発的なムーブメントを巻き起こしたビリーズブー…

OpenAI Gymで強化学習

何かを始めようと思ったとき、まずは「それは前例のあることだろうか」と調べたり、他の人の意見を聞いたりすることがあるかと思います。 過去に同じような事例があると分かった場合、仲間を見つけたような安心感がでてきますね。確かにその事例を参考にする…

AIのメリット・デメリット

映画「AI崩壊」が公開されましたね。早速観てきました。 AIとはどういうものなのか、またAIが日常生活に深く浸透してきた場合どのような問題が発生しうるか、がよく分かるかと思います。AI vs 人間ではなく、AIを取り巻く人間を中心に描かれており、AI時代に…

ロボットがすぐそばに

先日、池袋を歩いていたところ「ロボ酒場 期間限定オープン!」という看板を見かけました。 看板の写真をよく見てみると、工場などで見かけるロボットアームがマドラーを持っています。急いでいたので立ち寄ることはできませんでしたが 調べてみると・・・ …

顔認識ソフトウェア Face API

今年で最後となる大学入試センター試験が終わりましたね。受験生のみなさまお疲れ様でした。 1日目の倫理では「人間は人工知能(AI)に仕事を奪われると思うか」についての問題が出ました。 人工知能(AI)は 計算できないこと 統計処理ができないこと を不…

Kaggle チャレンジ

正月なまりを吹っ飛ばすべく、今回はKaggleチャレンジをします。 Kaggleとは Kaggleを始める方法 住宅価格予測 1. ライブラリの準備 2. データの読み込み 3. データ分析 4. 特徴量の作成 5. 欠損値の処理 6. 数値変数の処理 7. 目的変数を対数変換 8. 説明変…

ふるさと 会津

明けましておめでとうございます。新年も幸多き年でありますよう心よりお祈り申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今回は僕のふるさとの福島県の会津について少しご紹介いたします。 会津の場所 福島県 会津地方 福島県は「会津」「中通り…

2019年のAI振り返り

コーンフレークが食べたくなる今日この頃。 今年も残すところあとわずかとなりました。あっという間でしたね! さて、今年一年AI分野で多くのニュースがありました。弊社のオフィスでは新聞を取っているのですが、2日に1回は新聞の1面にAI関連の記事が載…

nginx リダイレクト記載方法

AWS

どうも、こんにちわ。 AWS ElasticBeansTalk を使ってとあるPJを進行していたところ、 検索画面で 検索ボタン押す 結果が表示される URLバーにカーソル合わせてEnter と押すとなぜか https://xxx.xxxx.xx/v1/order?orderDateFrom='1111-11-11' が https://xx…

クラスタリング勉強会

昨日は社内でAI勉強会(by 大澤さん)を実施しました。 今回は教師なし学習のクラスタリングがテーマでした。コンテンツ・シナリオ・説明の仕方、どれもとても分かりやすく、終始惹きつけられました。「試しにやってみよう!」のコーナーは商品色分類という…

ブリスウェル ベトナムへの移動方法( NRT -> SGN )

こんにちは。宇佐美です。弊社子会社であるブリスウェル ベトナムへ出張中です。ベトナムオフィスへの行程をまとめます。技術とは関係ありませんが、ブリスウェル ベトナム訪問の際の移動時間や費用のベンチマークとしてお役に立てれば幸いです! フライト …

OpenCVで出来ること

Pythonで画像や動画の処理をする時に良く使うのがOpenCVというライブラリです。 弊社でも最近 ディープラーニングの学習用画像データの前処理 デプス(深度)画像解析 顔検出処理 等で使用しています。 今回のブログでは、OpenCVでどんなことが出来るのかを…

GitLab CI Doker imageからAWS S3経由でLambdaに更新をかける

とある基幹システムの非同期処理等をAWS Lambda上で構築しようとした際のGitLab CI のご紹介です。 ※ただ、結果として非同期処理はElasticBeanstalk の Worker環境で行うことにしたので、本番運用までは行なっていないです。 前回同様、test などは省きます …

GitLab CI Doker imageからAWS Elastic Beanstalkに更新をかける

GitLab CI Doker imageからAWS Elastic Beanstalkに更新をかける だいぶ放置しました。 最近はGitLab CIから Circle CI に乗り換えたりしているのですが、載せます! と言ったので、載せます! 事前準備編 eb init コマンドで作成される .elasticbeanstalk/c…

AWS認定ソリューションアーキテクト・アソシエイト 取得しました

AWS

AWS認定ソリューションアークテクト アソシエイト 取得しました! AWS自体は2013年頃から触りはじめ、今年の頭くらいから取得しようと考えてずるずると11月に... このままだと!と思い、11月頭に申し込みを行いました。 試験まで約2週間 とにかく https://ww…

AWS Lightsail

AWS

今までAWS Lightsail ってメニューになんかいるなー、程度で全く知らなかった。 本日たまたま [Amazon Personalize] のハンズオンセミナー に参加した時に触れてて、初めて触った。 料金面でEC2 インスタンスの場合 時間単位の課金 + 従量課金 →そのため、中…

排他制御

Web基幹システム(その他でも)を構築しているとよく後勝ち問題に出くわす。 後勝ち問題 後勝ち問題 上記図のように、Aさんが修正画面起動後にBさんが編集画面を起動、 後に修正画面を開いたBさんが先に保存を行い、Aさんが後で保存を行う。 すると、Bさんの…

t1.micro サーバのお話

AWS

AWS EC2インスタンス t1.micro に対してメンテナンスが入ると通知があった 「 Amazon Web Services is performing a refresh on all Amazon EC2 T1.micro instances. The instance refresh will offer higher host reliability, better CPU performance and …

GitLab CI AWS Elastic Beanstalkとの連携

GitLab CiからAWS Elastic Beanstalk へ更新をかけてみた。 ソース直下に .elasticbeanstalk フォルダを追加し、config.ymlを作成 内容は公式ドキュメント参照 https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/elasticbeanstalk/latest/dg/environment-configuration-met…

GitLab CI 触ってみた

最近弊社ではソース管理にGitLabを使い始めた。 折角なので、GitLab CIを使ってみた。 まだまだ初心者中の初心者なので、ご指摘等ございましたらぜひお願いします。 やってみたのは下記内容 ・サーバにGitLab Runnerを仕込み単純にGitから最新ソースを取得す…

Elastic Beanstalk触ってみた感想

AWS

元々はEC2などは自前で立てて、開発や本番運用を行なっていた。 今回自社のパッケージを作成することになり、ElasticBeanstalkで構築することとした。 感想としては ・作成は全て勝手にやってくれるので、簡単 ・環境をスワップできるので、stg prodみたいな…

2019年

2019年 あけましておめでとうございます!! このブログも中々更新できていませんが、本年はもう少し頻度と詳細度をあげて更新していきたいと思ってます。 今年もよろしくお願いします。