AIによる奥行きの推定

眼に投影される像は2次元の平面画像なのに、人間は3次元構造を知覚することができます。自動運転で車間距離を計測するために利用されるステレオカメラのように二つの目だけでなく、人間は単眼でも奥行きを認知できるのはすごいですね。

github.com

今回は、ディープラーニングにより一枚の画像から奥行きを推定して3Dを生成する「3d-photo-inpainting」を試してみました。

いつもユーモア溢れるトークで周囲を明るくする弊社の取締役(陽治郎さん)の写真を使用させていただきます。いつの日かAIもユーモアを理解し人を笑わすことができるようになるのでしょうか。

f:id:KenjiU:20210328191851j:plain
オリジナル陽治郎さん

f:id:KenjiU:20210328191959p:plain
奥行き陽治郎さん

f:id:KenjiU:20210328192137g:plain
ぐりぐり陽治郎さん

f:id:KenjiU:20210328223100g:plain
3D陽治郎さん

すごいですね。写真から3D化できています。

また、写真だけでなくイラストに対しても3Dを生成することができます。

tech.briswell.com

以前登場したお侍くんの画像を使用します。

f:id:KenjiU:20210328200851j:plain
オリジナルお侍くん

f:id:KenjiU:20210328201123p:plain
奥行きお侍くん

f:id:KenjiU:20210329094659g:plain
ぐりぐりお侍くん

f:id:KenjiU:20210328223214g:plain
3Dお侍くん

ディープラーニングがもたらした機械の「目」。ますます進化しています。